MENU
社会福祉法人 清明会

スタッフインタビュー

働くうえで大切にしていること

一日一回は、ひと笑いさせたいなと思っています。

宮城 政彦 2010年入社(勤続年数9年) 
介護職/ユニットリーダー兼フロアー長

可能性を感じ、チャレンジすることを決めました。

福祉の専門学校に通っていました。
卒業後は、デイサービスで数年勤め、自身の介護の質とスキルをさらに身につけたいと思い、資格取得、スキルアップ、キャリアアップも含め、手厚いサポートがある介護老人福祉施設でいご園の求人を見かけ、「ここでなら成長できる、能力を最大化できる」と可能性を感じ、チャレンジすることを決め応募しました。

些細な変化に気付けることの大切さ

デイサービスを利用していた方は、ある程度、会話のキャッチボールができるですが、特別養護老人ホームを利用している入居者の方は、寝たきりなど要介護度が高い方が多いため、デイサービスに比べ、会話でコミュニケーションを取るのは難しく、慣れるまでは時間が掛かかりました。
先輩方に相談し、接し方について丁寧に教わりながら、経験を積んでいく中で自分なりに気付けた事があります。
言葉だけではなく、毎日笑顔で顔を見せ、やさしく身体に触れるだけでも、入居者の方の様子が変わっていくのを実感することができて気付けたことは、自信に繋がりました。

入居者様に笑顔が絶えない時間を少しでも長く感じてほしい

私が所属しているユニットの入居者さまが亡くなるという事が、最初で最大の壁でした。
受け入れる事が中々できず落ち込む事が多かったですが、今は最後の時を迎える日までの貴重な時間を経験させて頂いていると感じるようになり、少しでも入居者さまに「一日一回は、ひと笑いさせて楽しませたい」と思い、笑顔が絶えない時間を共に過ごせる事を考え、一日一日大切に接しています。

長く働く上で、職員も楽しみながら働ける環境は、
とても大事だと思います

ユニット型特養ならではの外出レクリエーションやイベント等の楽しみがあります。
外出先でのレクリエーションでは、日々の業務に追われて、なかなかお連れしてあげれる回数は少ないですが、実行に移せたときは、入居者様は勿論ですが、職員も楽しめるような場所へ一緒に連れていきたいと思っています。何より、僕が出たがりなので(笑)

イベント等では、施設の交流会で家族の方にも協力してもらい余興に出てもらったりしています。
地域のサポートもあり、三味線教室の方に声をかけて、三味線を演奏してもらったり、地域の保育所の子どもたちに敬老会に来てもらって、入居者様たちとの交流する場を設けたりしています。自分のひ孫ぐらいの子たちがくるので表情も和らぐんですね。

入居者様の楽しみを見つけ、実現できるよう準備するユニットケアの苦労も込みの介護だと思っています。
その中で、職員も一緒に楽しみながら働ける環境は、長く働く上でとても大事なことだと思います。

職員との信頼と家族ような入居者さまとの関係性を大事にしています。

渡具知 陸江 2009年入社(勤続年数10年)
介護職

働くお母さんを応援してくれる、自慢の職場です

一番の理由は、結婚と子供を出産する予定でもあったので、特に産休育休のサポートがしっかりしていて、育児休業実績あり、昇給・賞与・社会保険加入等がしっかりしていたこともあり、でいご園を選びました。

目が行き届かないところでのサポートの難しさ

入居者さまが介護スタッフと共同生活を営んで頂くユニット型の施設になります。
約9名から10名の入居者さまを一人でサポートするときもあり、目が行き届かないところでの転倒事故などが、
現実に起こる事もあります。
起きた原因について、みんなで話し合い改善していっていますが、なかなか現状難しい場面も出てくることもあります。
人員不足の問題もありますが、サポートしているスタッフで密接に連携して、ケアできる方法を増やせた事で、未然に事故が防げ、効率良くサポートを提供できるようになった事は、チームとしても自信に繋がったと感じています。

入居者さまの気持ちに寄り添い介助ができるように

入居者さまの看取りなどで亡くなっていくことは、とてもショックで受け入れるまでに時間を要しました。
そんな私を心配して声をかけて下さった、施設の先輩から「限られた時間の中で、最後まで一緒に居てあげれたからこそ、関係が築けて看取れるんだよ」と、伝えて下さいました。
その時に改めて今携わっている介護の仕事への責任とご家族以外で入居者さまの最後までそばで見守れたことに、
誇りに感じるようになりました。
これからも限りある時間を日々の生活を安心して過ごせるように、日々の状態観察や変化などに気付きながら、
入居者さまの気持ちに寄り添い介助ができるように努めていきたいと思います。

私が10年介護職を続けられた一番の理由は、
職員みなさんの信頼と家族ような入居者さまとの
関係性だと感じています。

介護員として働きはじめて、今年で10年目になります。
最初は、正社員でフルタイムで働いていたんですが、結婚と出産を経験し育休産休もらいながら、復帰後も家庭と両立する為に、パートに移る働き方にも快く対応して頂きました。

子どもの事で、急に休むことになっても理解していただき、
シフトの調整や業務のサポートをして頂けたことは、育児と仕事を両立する上で、とても働きやすい環境を整えて頂きました。

出産後、実際、入居者さんに子どもを見せに行って喜んでくれたことは、とても嬉しかったです。

職場復帰後の働きやすい環境を整えて下さった職員みなさんの理解と、そして家族のような入居者さまとの関係性を築けてこれたからこそ、私が10年続てこれたんだと思い、とても感謝しています。